一色国際特許業務法人 [ ISSHIKI & Co. ]

セミナー

オープンイノベーションを促進するための契約の基礎

アーカイブ公開中

下記「お申込みフォーム」からご登録のうえご視聴ください。

このたび、一色国際特許業務法人とレックス法律事務所は、「オープンイノベーションを促進するための契約の基礎」と題するセミナーを共同で開催する運びとなりましたので、ご案内申し上げます。

近年、AI・IoT関連の技術の急速な発達や、製品やサービスの高度化及び複雑化に伴い、多くの事業会社は、研究開発型ベンチャー企業等の技術と成長力を取り込み、イノベーションの創出を試みています。そして、事業会社がパートナーと積極的に連携し、いわゆるオープンイノベーションを促進するには、パートナーとの間で適切な契約を締結することが非常に重要となります。

このような背景から、2020年6月には、経済産業省と特許庁は、「研究開発型スタートアップと事業会社のオープンイノベーション促進のためのモデル契約書(以下、経産省モデル契約)」を発表しました。しかしながら、このような経産省モデル契約書はテンプレートの一種であり、実際の契約書を起案する際に、何を、どの様に考えるべきかを提供するものではありません。

そこで、本セミナーは、そもそも契約とは何か、さらに、オープンイノベーションを促進するための契約を締結する際には何を注意すべきかを、契約実務未経験者や初心者が分かるよう、事例や経産省モデル契約書を交えて説明するものです。

本セミナーでは、古谷誠弁護士(レックス法律事務所)と山崎彰弁理士(一色国際特許業務法人)が講師として、2月17日(水)から毎週、毎回1時間程度の講義を計3回行います。なお、本セミナーは、すべてWeb配信形式をとり、参加費は無料となっております。

開催日時・スケジュール

開催日時  : 2021年2月17日~3月10日、各回水曜日13:00 からWeb配信(全3回)
視聴方法  :登録制(無料)特設サイトにて視聴いただきます
スケジュール:
  1. 02月17日(水)第1回 オープンイノベーション、契約の基礎
  2. 02月24日(水)第2回 NDA、ライセンス契約(経産省モデル契約を題材として)
    03月03日(水)第2回 NDA、ライセンス契約(経産省モデル契約を題材として)
  3. 03月03日(水)第3回 共同開発契約(経産省モデル契約を題材として)
    03月10日(水)第3回 共同開発契約(経産省モデル契約を題材として)
※第2回、第3回の配信日は変更となりました(2月16日更新)

講師略歴

古谷 誠

古谷 誠

主要取扱分野 新規事業に関する法律相談・契約書作成、事業再編・M&A、訴訟・紛争解決。企業内弁護士としての経験を踏まえ、企業内の法務・コンプライアンス問題に詳しく、ビジネスの実態に即したスキーム策定や契約書の作成に強みを有する。

経歴等 2001年慶應義塾大学法学部卒業、2003年慶應義塾大学大学院法学研究科修士課程修了(修士(法学))、2012年カリフォルニア大学バークレー校ロースクール卒業(LL.M.)。2004年10月弁護士登録(57期、第二東京弁護士会所属)、森・濱田松本法律事務所入所。ヤフー株式会社法務本部、アシュリオンジャパン・ホールディングス合同会社法務部等を経て、2018年10月レックス法律事務所の創設に参画する。

山崎 彰

山﨑 彰

主要取扱分野 国内外の特許権利化(電気、電子、ソフトウェア等)、特許鑑定、知財デューディリジェンス、知財紛争対応、ライセンス契約等のサポート。

経歴等 1997年東京理科大学理工学部卒業、1999年筑波大学大学院理工学研究科修了、2015年ニューサウスウェールズ大学ロースクール修了(J.D.)。富士電機株式会社、オハイオ州立大学電気電子工学科(客員研究員)、特許庁を経て、2016年に一色国際特許業務法人入所。2019年4月パートナーに就任。弁理士・外国弁護士(豪)。